諒太の日記

運動不足を解消するメリット

ここ最近、新型コロナウイルス🦠の感染拡大が続いていて運動不足になる人が増加するという傾向になっていますね…🙄
コロナになる前までランニング🏃、ウオーキング🚶、筋トレ🏋を行っていたのですが、やらなくなってしまったというお客様が多々当ジムにもいらっしゃいます。
運動をしないことにより、生活習慣病や糖尿病など様々なことが身体に影響を与えてしまいますので日々の運動がカギとなってくると思います。

そこで今回は…[word_balloon id="2" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_size="19" font_color="#59d600"]運動不足を解消するメリットについて[/word_balloon]

・脳が活性化されて集中力が上がる
太陽の光を浴びたり、リズム運動をすることによって活性化される「セロトニン」という物質があります。
セロトニンには脳の状態を明晰にする働きがあり、運動中、運動後は脳が活性化されます。そのためアイデアを考える時や、判断が必要なことがある前に、軽く運動をするといいです。
出来るビジネスマンは、これを理解しているので、朝早く起きて太陽を浴びながら散歩やジョギングをします。決して朝型人間だからというわけではなく、仕事の効率化のためにやっているのです。

・体が引き締まって見た目が若々しくなる
運動をすれば体が引き締まって見た目が良くなります。すると自信がつきポジティブになれます。
中には「自己満足じゃないの?」「モテたいだけじゃないの?」という声もありますが、気にする必要はありません。
体が締まってきたということは成果が出た証拠なので喜ぶべきことです!
運動の成果が出てくれば、周りから「なんか体つき良くなったね!」と言われることも増えます。
すると自信が湧いてきて、運動を継続するきっかけにもなります。
また運動をすることにより、テストステロンが分泌されます。テストステロンは、脳を活性化するドーパミンの分泌を促す効果があります。さらに有酸素運動であれば、幸福感を高めるセロトニンやエンドルフィンも分泌。
要するに運動は体が引き締まるだけでなく、幸せでポジティブな気持ちになれるということです。

・体力がついて疲れやすくなる
このまま運動をしない生活をしていると、30〜40代になった時、買い物や子どもと遊ぶだけでも大きな疲労を感じると思います。さらに年齢が上がれば、仕事やプライベートにも支障が出てきます。
運動をしていないと筋肉量が減り、疲れやすい体になってしまうのです。そのため定期的な運動を行い、筋力をつけておく必要があります。
「最近疲れやすくなったな。歳かな?」と感じている人は、運動不足による筋力、体力の衰えが原因かもしれません。
今のうちから運動を習慣化し、疲れにくい体を作ってみて下さい!

・清潔感が出て印象が良くなる
人間は第一印象を決めるまでに”3秒”かかると言われています。
”メラビアンの法則”のよると、見た目が55%、声の大きさやトーンが38%、話の内容が7%というように、見た目が重要なことは明白です。
また男女ともに清潔感を重視するという人も多いため、運動をして引き締まった人の方がモテます。
仕事でも清潔感があり、明るく元気な人は信頼されやすいですよね。特に第一印象が試される、営業マンや接客業の人は外せない項目です!

・ストレスが発散出来る
運動はストレス発散にも効果的です。
汗をかくと血流が良くなり、体だけなく心も軽くなります。これは運動だけでなく、サウナとか岩盤浴なんかでも似たような感覚を得られます。運動は「うつ症状の軽減」に効果があると前述しましたが、うつ病は症状が出てからの療法としてだけでなく、発症予防としても取り入れられています。
また筋トレをすると男性ホルモンと呼ばれるテストステロンが分泌されます。テストステロンの分泌量が増えると、うつ病の軽減になると言われており、仕事や対人関係など、なにか辛いことがあって心を病んでる人は、運動をすることで多少なり解消できると思います。

このコロナ禍だから運動できないと言う理由ではなく、このコロナ禍だからこそ他の人と差がつけられると思って少しでも運動を取り入れてみてはいかがですか?
他人からの評価が上がり楽しくなってくること間違いなしです!!!!!!!!!!!!!!!!

-諒太の日記