一般記事

『男性トレーナーのお前に何が分かる!!!』女性の悩み

女性の悩みを解決!?男は女性ほどホルモンバランスが崩れることはありませんので、理解しようとしてもしきれないでしょう。
私が会社員だったころ、男性トレーナーが女性のお客様に、『生理、辛いですよね。』と軽々しく言ったもんだから、クレームをもらったという事もありました。
男のお前に何が分かるんだ!って感じですよね。

なので、今回は女性トレーナーに書いてもらうことにしました。彼女は今超人気トレーナーで、1ヶ月平均で160本のセッションを持っています。
私も一緒に仕事をしたいと思うトレーナーの一人です。

では、続きをお読みください。

【生理編】
生理痛どーやって軽減させるの??

・お腹や腰温める

生理痛がひどくなる原因のひとつが、体の冷えによる血行不良。生理中はホルモンの変化で体温が下がるので、体が冷えやすくなってます!

・軽い運動をする

軽めの有酸素運動には、血行アップや体温上昇に繋がります。もちろん軽いランニングやウォーキングなど、リフレッシュできる運動を選びましょう!
ただし、立っているのも辛いもきや、貧血を起こしやすい人は絶対に無理をしないこと。体と相談しながら運動するようにしよう!

生理痛(PMS)対策になる食べ物/飲み物

〈摂取した方が良い食材〉

■マグネシウムを含む食品
→マグネシウムは、子宮の収縮を抑える働き

・アーモンド、カシューナッツ、ごまなどの種美類
・アオサ、青のり、昆布などの海藻類
・豆腐、納豆などの大豆製品

■大豆製品
→情緒不安定やイライラなどのPMSの症状を和らげる
→大豆イソフラボンは女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンと似た働き

・納豆、豆腐、枝豆、豆乳、ゆば、きなこなど

■鉄分を多く含む食品
→貧血の症状を防ぐ

・レバーや赤身の肉類、
ひじき、ほうれん草、プルーンなど

また、ブロッコリーやレモンなどビタミンCを多く含む食品を一緒に摂ると鉄分の吸収率がアップ!

■体を温める食材
→冷え予防、リラックス効果

・生姜やネギ、ごぼうやにんじんなどの根菜類
・ハーブティー

■青魚
→血液をサラサラにし、血流を良くする作用

EPAやDHAを多く含む
・ブリ、サンマ、イワシなど

 

〈避けた方が良い食材〉

■体を冷やす食材

・かき氷、冷たい飲み物・食べ物
また、トマトやきゅうりなどの夏野菜も体を冷やすので、夏野菜サラダばかり食べ過ぎには注意

■カフェインを含む飲み物
→カフェインは血管を収縮させる作用
→飲みすぎると体を冷やす原因に
→神経を興奮させる作用

・コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどカフェインを多く含む飲み物

■ファーストフードやスナック菓子
→栄養バランスが悪くなり貧血の原因
→血流が悪くなることで生理痛が悪化

心のメンテナンスをしよう!

生理中は、痛みだけでなく、イライラしたり落ち込んだり、集中力がなくなったり、眠りが浅くなるなど、精神的にバランスを崩すことがあります。これは女性ホルモンの変化の影響です。まずは自分の気持ちがどんな状態なのかを受け止め、その状態に応じたケアをすることが肝心です。私たちを頼ってください!

生理中にお酒を飲んでも良い??

具合が悪くなりやすい生理中は悪酔いすることがあるので注意が必要。
また、鎮痛剤を服用している場合は、アルコールによって作用が強くなりすぎて胃が荒れる原因になりますので、飲酒は控えましょう。

 

いかがでしょうか。
私のスーパー適当な記事よりはマシですかねwww

今後もネタが見つかれば、書いてもらう機会を見つけていきたいと思います。

次回、
【見た目はハルク、頭脳はゴリラ、その名も不安定ビナン(美男)】です!

乞うご期待ください!!!

-一般記事