まーちゃんの日記 会員様限定

お読みになりたい方はLINEでパスワードを聞いてください!!!【会員限定】え?実は体重減少において最もと言っていいほど大事なこと

こんにちは。まーちゃんです🔥


体重を落としたい!そう思った時、多くの人が必ず意識するのは、

■運動
■食事

この2つではないでしょうか。

確かに運動をすることで、
消費カロリーを多くしてあげる。

基礎代謝=何もしていなくても消費するカロリーと、私たちから聞いたことがあるお客様も多いのではないでしょうか。

基礎代謝に加えて運動量を上げることによって、消費するカロリーを上げていきます。
例えば、

基礎代謝1000kcal+運動量200kcalだったとした場合、

合計1200kcalの消費カロリーよりも摂取するカロリーを低く保ってあげることで、体重が減少します。


いわゆる食べなければ、人はいつか痩せます。

人の身体というのは、常に一定を保とうとす性質を持つため、何も食べないと脳が「死」を感じます。
すると、良く聞く停滞期が起こりやすくなる。

なので、栄養バランスを考えた食事が必要不可欠になります。

P=タンパク質
F=脂質
C=糖質(炭水化物)

これらをどのようなバランスで食事するかによって、
糖質制限なのか、脂質制限なのかが決まります。


ここまで、お読みいただいた方は、『え?そういう話?』と思っているはずです。

ここからが本題です。

運動や食事だけを意識していれば痩せるのか?これはナンセンスです。


実は、【睡眠】がすごく重要であるということをここではお伝えしていきます。

睡眠中には、美容や健康に大きく関わる「成長ホルモン」が分泌されます。

ほーほー。
成長ホルモン?今でも分泌されるの?そう思った方へ。

成長ホルモンは生命途絶えるまで分泌されます。
一番分泌されているのが、0~1歳までと言われています。

それから20歳くらいまではある程度の分泌量をみせますが、20歳を過ぎると微量の分泌量になります。
これらを少しでも分泌させる方法、

それが筋トレです。
実は筋トレと睡眠は密接な関係を持っています。

成長ホルモンには

>■脂肪を分解する働き
■筋肉を発達させる働き

良質な睡眠を確保して成長ホルモンを分泌させることは、ダイエットの観点からも非常に重要です。

また睡眠中には成長ホルモンだけでなく、食欲を抑えるホルモンである「レプチン」も分泌されます。つまり睡眠不足になると、レプチンの分泌量が減り、食欲が増えやすくなるため、太りやすい体質になってしまう可能性もあるわけなんです。

肌のターンオーバーを正常化

女性には凄く大切ですよね。
美肌を保つためには、肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。寝ている間に分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーを活発化させる働きを持っています。この成長ホルモンによって肌は新陳代謝を起こし、古い角質や汚れを落として新しい肌へと生まれ変わります。
肌のターンオーバーには周期があり、約6週間かけて細胞が入れ替わります。しかし、睡眠不足でターンオーバーのサイクルが遅くなると、肌が荒れてしまうため注意が必要です。

心身の疲労回復

仕事や家事などで忙しいからといって、睡眠時間を大きく削ってしまうのはおすすめできません。睡眠不足になると、身体だけではなく精神的な疲れも取れにくくなります。

睡眠で大切なのは、深い睡眠である「ノンレム睡眠」をとり、しっかりと成長ホルモンを分泌させることです。成長ホルモンの分泌によって体内の修復や回復が促進され、自律神経が整うことで心身ともに休むことができます。

記憶の整理・定着

「暗記するなら寝る前が良い」という話を聞いたことはありませんか。寝る前に学習した内容は、睡眠中に定着しやすいという研究結果もあります。

また、「嫌なことも寝たら忘れてしまった」というのも、睡眠による効果です。寝ている間に記憶が整理されて、嫌な感情が必要に応じて取り除かれるといわれています。

ストレスを解消

人は睡眠によって一日の疲れを癒し、心身の修復を行ないます。しかし睡眠時間が極端に短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、成長ホルモンがうまく分泌されなくなり、ストレスがたまりやすくなってしまいます。

「平日は忙しいから休日に寝だめしよう」と考える方もいますが、毎日十分な睡眠時間を確保することが重要です。ストレス解消のためにも、規則正しいリズムで寝るようにしましょう。

毎日の生活リズムをしっかり整えることはとても重要です。
Netflixでイカゲームにハマってしまって、次の話まで見たくなっても次の日にみてください。


不思議と睡眠時間を増やすと体重が減少することもあります。
運動+食事+睡眠の三拍子を心掛けてください。

-まーちゃんの日記, 会員様限定