ダイアリー 諒太の日記

BodyRulersダイアリー【2022年3月12日(土)】ダイエット中何を食べたら良いか分からない方必見👀


セッション本数
男性:0名
女性:1名






前日まで

■昨日ゴミの日だと思っていたら曜日を間違えてました…
帰り道ゴミ捨てようとゴミ捨て場でふと気付く🙄
一旦ジム戻りゴミを置いて帰宅。



9:00

■8:00 起床〜
準備しジムへ向かう🏍
今日暖かすぎてダウン着てきたの完全に間違いだった…




■9:00 セッション開始!
50代 女性のお客様👩

お客様の会社全体にジムに通っていることが認知されており逃げ場を失っているみたいです(笑)
是非、ギャフンと言わせれるようにやったりましょう!!



10:00

■10:00 セッション終了!

アルコール消毒&換気




■洗濯溜まっているのでコインランドリーへ向かう



11:00

■もう洗濯も慣れたもんだぜ(笑)
再び取りに行きジムへ戻りラック収納




■次のセッションまで時間あるので昼飯がてら一時帰宅



12:00~14:00

■昼飯を食べ休憩☕




■ジムへ戻ってきてお客様を待っていたのですが体調不良のためキャンセルになってもーた😳
仕方がないので記事でも書きましょう!!

ダイエット中困るのがやっぱり食事←
ということで、どのようなものを食べたら良いのか下記に書きましたので参考にしてみて下さい!!!!



15:00

ダイエット中何を食べて良いか分からない方へ、食べても太りにくい食品5選!!





■ダイエット中食べるものも限られていて苦しいというイメージがあるかと思います!
そのイメージを覆そう!!!!!!!!!

もちろん栄養があまりにも少なくて、偏っていて高カロリーな物は避けないといけません。
健康的に体脂肪を落とす上ではある程度しっかり食べて栄養もしっかりと摂取をしながら満足感も得られるということが「ダイエット」にとって重要です!!
無理をして厳しいダイエットや減量を行なっても続きません!
よって、楽しみながら栄養も摂りながらお腹も満たされて長続き出来るダイエット食材5選を紹介したいと思います!

5選のうちスイーツも紹介したいと思います。

1.キノコ類

キノコは低カロリーで栄養があまりないんじゃないか?とイメージあるかもしれませんがそんなことはありません!
種類によって異なりますが、ビタミンB郡、ビタミンD、カリウムやリンなどミネラル類も豊富に含まれています!
その中でも注目するのが食物繊維←
健康的なダイエットをする上で食物繊維は非常に重要です✔
腸内環境を整えるのもそうですけど、血糖値を急激に上げないようにするとか、満腹状態を維持してくれるなどそういった面でも食物繊維は非常に有効です!
食物繊維には2種類ありまして、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維は体の中で水分を含むことによってゼリー状になります。
食べたものが腸内をスムーズに移動してくれますし、ゆっくり時間をかけて消化してくれます😳
よって、血糖値も上がりにくいということ。
血糖値が急に上昇してしまうと一気に摂ったエネルギーが体の中で吸収されてしまうので脂肪にもエネルギーが取り込まれやすいので血糖値を急激に上げないということも大切です。
不溶性食物繊維は体の中に入ると便のかさを増してくれて腸壁を刺激して蠕動運動を促してくれて排泄を助けてくれます。
不足しがちの食物繊維を補うのにキノコ類はオススメです!


2.魚介類

タンパク質が豊富、良質な脂質が含まれている。
脂質もダイエット中、非常に重要です!
ポイントは何でもかんでも油を摂るのではなく良質で必要とされる油をしっかり摂るということ←
魚介類に含まれる油はオメガ3脂肪酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)身体には必要な重要脂質があります。そういった脂質がたっぷり含まれていることもポイントです!!
中でもオススメなのが「鮪の赤身」と「サーモン」🐟
鮪の赤身→皮膚や粘膜の炎症を予防してくれたり血行を促進してくれるナイアシンも豊富に含まれています。
サーモン→ビタミンB郡やビタミンD郡も豊富です。サーモンオススメの理由はアスタキサンチンという物質が豊富に含まれております。いわゆるサーモンの綺麗なオレンジ色の色素なのですが、抗酸化力を持っています。
ビタミンCの6000倍の抗酸化能力があります。さらにビタミンEの1000倍、そしてリコピンの1.6倍の抗酸化能力があるということ。アスタキサンチンがサーモン100g当たり0.6mg含まれている。
よって、タンパク質も豊富、良質な脂質もある
オメガ3脂肪酸というのは体の中の炎症を取ってくれます。オメガ3脂肪酸も摂りすぎればそれだけ良いという訳でもなくオメガ6脂肪酸とのバランスが重要だと言われております!
現代の加工食品とかによく使われている植物性油脂というのはオメガ6脂肪酸がたくさん含まれていて、オメガ6脂肪酸を摂りすぎているんです。そして重要なオメガ3脂肪酸が不足しがち…このバランスが重要なのです✔
オススメの割合はオメガ3脂肪酸が1に対してオメガ6脂肪酸が3〜4くらいがベストです。
現代の食材だと16対1くらいの極端な形になっていますので、魚の油をダイエットに取り入れていくのにオススメです!
生でも、焼いても食べれる、そして消化にも負担がかからない、他の肉の油分に比べてすぐに消化しますので身体にも負担が少ないということなのでダイエットにかなりオススメです!!!!!


3.豆類

植物性の脂質というのもコレステロールが入っておらず身体に良い脂質です。
更に血清コレステロールを低下するような効果もあるという結果も出ていますので植物性の脂質も非常にオススメです。
肉類で摂るタンパク質や脂質の量と豆類で摂るタンパク質や脂質の量が同じだとしても豆類で摂る方が体脂肪がつきにくい。※もちろん個人差はあります。
色々なパターンで摂れます。豆腐でも味噌汁でも豆乳、豆乳ヨーグルト、そして納豆でも摂れますので飽きずに色々な食材から摂ってバランスの良い栄養を摂れますので豆類はオススメです!


4.鶏の胸肉

Raw chicken breast fillets


鶏の胸肉でオススメなのはイミダゾールジペプチドというアミノ酸です!
こちらの物質は抗酸化作用、疲労回復作用、老化予防、炎症予防といった色んな良い効果があります。
アミノ酸バランスも非常に優秀でトリプトファンとかグリシンといったアミノ酸が豊富です。
こちらは幸せホルモンと言われているセロトニンという物質を作ってくれる材料になります。
他にもビタミンB6が非常に豊富で糖質や脂質の代謝に非常に重要な働きをしてくれる。
更にコスパも良く、100g当たり100円以下で買えたりもしますのでオススメです!


5.和菓子

ダイエット中ともいえどもスイーツを食べたくなる時があると思います🤐
なぜ洋菓子ではないのかと言いますと、もちろん種類にも寄りますが洋菓子の多くには脂質が多く含まれています。
和菓子はほぼ脂質が入っていないので糖質のみが主な栄養素です。
しかし、洋菓子というのは糖質はもちろん入ってますけど、脂質も多く含まれているということなのでここが和菓子と洋菓子の違いとなります。
もちろん1個当たり食べたときにカロリー的には同じくらいだったとしても、糖質と脂質を同時に摂るとなかなか体脂肪は落ちないしちょっと太りやすくなってしまうことがあります。
糖質だけですとトレーニングしているのでエネルギーとして簡単に燃やしやすいのです。そこに脂質が入ってくると、しかも糖質というのは砂糖とか多く使っており単糖類なので血糖値も上がりやすい、同時に入ってきた脂質も体内に取り込みやすいんじゃないかなと思います。減量中にバクバク和菓子を食べるということではないですけど、どうしても欲しいなと言う時はちょっと食べます。でも主に糖質なので逆に代謝が上がったりなんかして調子いいぞ!みたいな時がありますのでオススメは和菓子になります。
おはぎの場合に限ってですけど原料が小豆なので、小豆に含まれるアントシアニンとか身体に重要な抗酸化物質も含まれておりますので健康的な面からしてもややオススメです!
もちろん食べ過ぎはNGです←
太りにくいというのはどちらかというと和菓子になりますのでダイエット中の方は参考にして頂きたいと思います。


以上が食べても太りにくい食品5選となります!!
ダイエット中は栄養をしっかり摂りながら長続きするためには美味しく色んな物を食べないといけません!!
ダイエット何を食べたら良いんだ…と思ったときはご紹介した5選を意識してみて食べて下さい😊



16:00

■本日は珍しく夜セッションがないので早いですが上がります!!
本日もありがとうございました!!!



ご入会をご希望の方

無料カウンセリングのお問い合わせに関しましては、
LINEにて承っております。








ダイエットコース






トライアルコース

-ダイアリー, 諒太の日記