まーちゃんの日記

~更新中~【文章とは最大のコミュニケーションツール】 あえて五感の一部を失わせることで働かせる『イメージ』綺麗な言葉は不要



文書の持つ力というのは絶大。まーちゃんは書くことに夢中だし、言葉で伝えるのが苦手だから文章書く方が早い。
伝えることよりも伝わることをずっと意識し続けている。
昔読んだ事がある「伝え方が9割」には深く感銘を受けた。
ただ、伝える?何を?その答えも心理も誰かに聞いても答えなんてアヤフヤ。それもそのはず。だって特定の誰かに伝えることと、不特定多数の誰かに伝えることは明らかに別ジャンル。





昔話をしようか。

今ではテレビや各端末においてあらゆる視覚的要素聴覚的要素を組み合わせたものが主流となっている。今を生きる世代には分からないだろうが玉音放送しか現代も流れていないとしたら?誰もが影響を受け、それを正しい情報として処理してしまう。

今では戦争はテレビ放映で流せる範囲のみ流すことが出来る。銃声の音も、悲鳴も見ながら聞ける。
しかし、それらを1つ1つ区別した時に、視覚的要素だけ、もしくは聴覚的要素だけを汲み取らせた時、人が第一にする行動はそれらから得た情報を元に想像するということ。

文章でもっとも重要なことは想像を働かせてもらうことだと結論をまず先に伝えておく



今の社会SNSが主流で面白いのかもしれない。

映像と音源交わる世界観。
ただ、それは見て聞いたものだけから得た情報をただ処理するだけ。
正直、僕から言わせれば全て欠けた世界。

何故、ドン・キホーテがオリジナルの曲を作るのか。ジャバネット髙田が同じ曲をコマーシャルの最後に流すのか。それは印象を強く残す為に、ある一定のリズム、そして唯一の音楽を残すことによりブランド価値を高める狙いがある。
それすら知らずに人は、日常で聞き覚えがあるから、「ドンドンドンドンキー」なんて口ずさみ始めるのである。ここには一種の潜在意識が関与してくる。知らぬ間に何かに影響されている。と言うことを殆どの人が心の中で洗脳されたくないという不可逆的要素で自身を否定する。それこそまさに影響を受けている真実であることも知らずに。

ただ、その音を聞いて、「あ!ドン・キホーテー」と言わせるのはとても素晴らしいこと。

それは文章でも同じ。
「あー、私もこうなりたい」
「痩せてみたい」
その想像を駆り立てる為には、パーソナルジムとして、むしろここまでブログに力を入れているジムがないからこそ、発信できることは沢山ある。





本題

文章に正解はない。例えば、僕が書いた文章、誰かがが書いた文章。
文章というのは、自己の考えを出来るだけ投影して綴るもの。同じテーマでも僕と誰かが書いた文章は違う。これは試しにやってみたい。
正解がないからこそ、何を書いても良い。のがブログでもある。
全て包み隠すことなく。

■経験
■思考
■時系列

これらをどれだけ自分の感覚で文章として成立させるのかが全て。
いつ、どんな経験をして、どんな考えを持ったのか。と言えば分かりやすいだろうか。
正直、僕はもう止まれない。失うものすらない。だからこそ、そう言えるのかもしれないが、ぶっちゃけ失いたくないものが出来たとしても、この感覚は変わらない。だって、俺が幸せじゃないなら誰も幸せになんて出来ないだろ?という厨二病チックな考えが脳内に酷くこびりついているから。だから全感覚をブログに捧げている。


前回、あえてラーメンのツイートを挙げた。

ラーメンを食べながら-10kgを成功させる方法


スープ全部飲み干しても大丈夫!!!


え?一蘭食べながら10kg痩せるの?そう思ったあなたはこちらをクリック

もし仮にこんな文章を発見したら、見た人はどう思うだろうか。そして、リンクをクリックする人がどれだけいるだろうか。
この文章は、逆の言葉を並べていて、

『ラーメンを食べる=太る』を敢えて、『ラーメンを食べながらでも痩せるよ』と普通は考えられないことを伝える文になっている。

ただ、人はこういう広告や記事の打ち出しに興味を感じる。
もし、『食べずに痩せる』と謳い文句だったら、『は?当たり前じゃん』となるはず。

要するに『楽して痩せる』も同じようなもの。
ダイエットは楽じゃないと思っているけど、楽して痩せれると言われれば、何となく痩せたいなと思っている人でも飛びつく。

~更新中~

-まーちゃんの日記