まーちゃんの日記

素晴らしきかな、人生。

こうして愛用のレッツノートを手に取ってキーボードを音楽の父、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのように綺麗に弾くのはいつぶりだろうか。

以前は【こんにちは。まーちゃんです????】とか書いてたっけ。


今回の記事での大本命は『僕が生きる上で、最も重要視していること』
筋トレのせいで指が震えるけど、そんなことより脳みそで先行している今を大事にしたい。

最近『俺俺詐欺』みたいに俺とばかり言っているのでここは謙虚に『僕』を使いたい。

書き始めている現在はAM1:02

いつ寝ているのかと聞かれることも多いが割と寝てます。毎日4時間くらいは。

少ないですね。4時間の睡眠時間では脳は確実に麻痺します。ただ、それよりも止まっていることの出来ない現実を目の前にしている以上、今休んでいるわけにはいかないんです。

大丈夫?休んでる?と聞かれることはありますが、その時の答えは常に『休んでるよ』です。
僕の人生はたった一部を除いて、嘘に塗れていることが多いと思われがちです。

けど、『本当のこと言っても信じないと思えば言うだろう』とパイレーツオブカリビアンのジャックスパロウが言うのと同じで、本当だと信じてくれる人もいれば、嘘だと思う人もいるのが現実だと思っています。

苦しみや悲しみを隠して笑う僕のような人間もいれば、楽しい人生を悟られないように隠す人間もいるんです。
まあ、どのみち自分で言ってはダメなのでしょうけどwww

27のわりには今まで沢山の経験をしてきたと思っています。
高校時代は不登校になったし、大学時代はただのクズだし、会社員もやったし独立もした。
なにか一貫性があるかといえば、なにもありません。

常に自由に。もちろん責任を背負っていることを分かって今までを生きてきたつもりでした。
つもり、です。

僕はエンターテイナーでありたいとそう常に願っています。
もしBodyRulers自体が存続出来なくなったとしても、それは僕の第〇幕に終止符が打たれること以外のなにものでもありません。
しかし、他のスタッフの人生も抱えている事実があります。

僕は何か特出した才能があるわけじゃありません。ただ、人と同じ人生が嫌いで、誰かと同じに見られることに嫌悪感を抱く。
だから父と同じ教員を目指すことも、母と同じ医療関係に進むことも、曾祖父と同じ軍人(自衛隊)になることもしませんでした。
俺は俺の生き方、敷かれたレールがあったとしても脱線する。
何度も目の前にレールを敷かれたとしたら、何度でも脱線します。

僕の人生を生きているのは誰でしょうか。この記事を見てくれているあなたですか?
あなたの人生を生きているのは誰でしょうか。この記事を書いている僕ですか?

誰かの満足を共有してもらえることなんて、万に一つもありません。自分が幸せだと思えば、それが幸せなんだと思います。

ただ、僕はその幸せだと思える瞬間を創造していきたい。
痩せるということは、身体を鍛え抜くということは、承認欲求を満たすことが出来る最高のツールです。
だからこそ、パーソナルトレーナーとして最も大切なことの一つは、いかにエンターテイナーになれるのか否かです。

喋る技術ではなく、これは言い方悪くすれば人心掌握術です。もちろん、話している時はそんなこと思っていませんが、言い方悪くすればマジでそうだと思っています。

しかし、楽しい環境を作れないなら!ただ、トレーニングするだけの状況です。出来るだけお客様には楽しんでいただきたいし、スタッフにも楽しんで仕事してもらいたい。
僕が一番のエンターテイナーでなければいけないんです。これはまさに重圧ですね。

ここまで殴り書きメモです。読んでくれた方、こんなどうでもいい記事読んでいただいてありがとうございます!!!

-まーちゃんの日記