一般記事

女性は体重計に乗ってはいけない!?

昔々(3ヶ月前)、とある女性のお客様(Aさん)がいらっしゃいました。

Aさんがトレーニング前に突然、口を開き、トレーナーの私に話しかけます。
『女性って体重計に乗らないほうが良いらしいですよ!』と...。

『おいおい、これから体重計に乗せようとしているのに、なんてこと言うんだこの人』
これはその時の私の胸中です。

しかし、気になる。なんでそう言ったのか。
気になる気持ちを抑えきれず、『なんでですか?』と聞き返してしまいました。

すると、『女性は体重を気にするあまりダイエット中に一喜一憂しやすいみたいです。鏡を見て自分の些細な変化に気づいてあげていくことの方がモチベーションにもなるみたいです。』と返してくれました。

 

もう、ごもっとも!!!
ごもっともなのですが、それを理解してもらうことがトレーナーをやっていて一番難しいことなんです...。
同じトレーナー業の人はこの気持ちを分かってくれる人は多いはず。

パーソナルジムでは、2ヶ月や3ヶ月など決められた期間の中で結果を出したい!という人が来ます。
むしろ短期間で結果を出したいから来る人が9割以上でしょう。

謳い文句には、『リバウンドをしない』や『無理なく痩せる』とか書いてあるものの、
習慣が変わらなければリバウンドは起こるし、食事を変えるのが嫌な人は無理して痩せることになります。

TwitterInstagramなどで、私はこれだけ痩せました!という人も、それなりの苦労をしたはずです。
ダイエット垢でフォローワー数1万とか超えている人は、今でも習慣を変えずに投稿をしてくれています。

短期間で痩せようとするならば、現状の数値に気を囚われて当たり前。むしろ最初に気にしない人なんていないでしょう。
しかし、【継続は力なり】

その先に待つ自分に会うためには、時に我慢し、時に苦しみ、時に悲しくなったとしても、
継続することで身体を変える以外の変化をもたらすことだってあります。

現実と向き合うことは精神的ダメージが大きいです。筋肉と同じように、心もダメージを負わないと強くなれない!
人の心と身体はきっとそうやって出来ているのだと、思っているだけです。(完全主観のため、信憑性なし)

この写真は体脂肪率での体型写真です。
もちろん人によって、筋肉量は異なりますが、自分の現実と理想をある程度把握出来ちゃうかと思います。
男性版もありますが、それは持ち越し(笑)

これからダイエットしようかな!と思っている人、是非このサイトを作り上げる一員として、
欲望丸出しの逆オファーお待ちしております!
※ちなみにお金は一切発生しません。

日本で一番のサイトをみんなで作りあげましょう!
最後は筆者の願いでした。

お読みいただき、誠にありがとうございます。
またの投稿をお待ちください。

 

-一般記事